ちょっと雑学

銀杏(ぎんなん)の雑学










 秋の代名詞、ぎんなん

秋の代名詞、ぎんなん。”銀杏”と書いて”いちょう”といいますね。
深く透きとおったエメラルドグリーンの果肉はもっちりとしてちょっぴり苦みのある秋の味覚を楽しませてくれます。
古生代末期から地球上に広く分布していたそうです。
恐竜が絶滅しても、しぶとく生き残り 原爆が落とされた後にもなお芽吹くという このたくましさ。
まさに、”生きた化石”とも呼ばれるだけありますね。
中国でも銀杏とよばれ、別名を”鴨脚”と称し(葉の形が鴨の脚に似ているため)日本語のイチョウはこの”鴨脚”(ヤーチャオ)の栄音とか・・・・


 太古のロマン

なんとこの銀杏、雌雄異株というのにも驚きますが、精子で受精すること知っていました?!

海藻やしだ類には精子が認められるようですが、花を咲かせる種子植物である銀杏に精子が存在するというのは当時世界的発見だったようです。

1896年に平瀬作五郎により発見されたそうですが、それによりますと・・・・
裸子植物である銀杏の雌花は胚珠がむきだしになっており そこに受粉液という液体が丸くでていきます。風で飛ばされたきた雄花の花粉がこれにつき 液とともに花粉室に引き込まれます。
その中で成育し9月上旬、花粉から花粉管が伸びだし精子が泳ぎ出して受精するのだそうです。

中生代の恐竜達が闊歩する頃から、この営みが繰り返されてきたと思えば う~ん。太古のロマンを感じてしまいます。
神社なんかにみられる樹齢の古い銀杏の大木には なにか畏敬の念を感じずにはいられません。”神木”としてあがめられてきたのも 何もしらない昔の人々がそこから なにかを感じ取ってのことからだったのでしょうか・・・・



 ・・・臭い!!

農家から一言言わせてもらえば、臭いなんてもんじゃない。果肉の腐敗臭なのですが”キョーレツな臭い”なのです。ご存知とは思いますがそれはまるで・・・の臭いなのです。受精するのはわかったけど、そこまで人間に似なくてもなんて愚痴をいいたくなります。
皮をはぐ作業ではとてもじゃないけど お風呂に入らないと外出できません(レベル4)。乾燥(レベル3)・選別段階(レベル2)でもまだ臭い。帰りにお買い物をするのにも気がひけます。
銀杏ひろいの後、電車で帰宅しているあなた、きっと本人が思っているより周りは迷惑していることでしょう。

でも、お手元に届く頃には ほのかに香る自然の芳香となって銀杏好きの皆様の食卓に上ることでしょう(レベル1)

fax注文はこちらから

店長紹介

こんにちは、店長の公文です。

店長日記はこちら >>

お客様の声

最近のお客様の声はこちら

過去のお客様の声はこちら

ひょうたん翁の部屋

おじいちゃんの「ひょうたんランプ」の部屋です。

鳥の巣ウオッチング

鳥達のかわいいゆりかご、のぞいてみませんか?→ 鳥の巣ウオッチング

しだれ桜

今年も咲きました。くもん農園自慢のしだれ桜をご堪能ください。→ しだれ桜

農園の四季

かわいい訪問者達が訪れるくもん農園の四季をご覧ください。   農園の四季

ページトップへ