ちょっと雑学

柚子(ゆず)苗木の雑学







柚子(ゆず)苗木

 日本一の物部ゆず

昭和40年頃、若かりし日の父、公文靖は、かげりの見えた養蚕に変わるなにか良い 物部村の特産の農産物はないものかと模索していました。
平地の少ないこの山間地の立地条件を逆手にとった作物はないかと・・・そして、柚子に目をつけました。

高単価であるために栽培面積が少なくて高収入をあげられ、高知県北東部に位置する物部村は気候的にも適地である。そして、立地条件の悪い段段畑が、冷気をためない
ことに一役買っているとなればいうことなしです。
仲間とともにも産地づくりに努力しました。
そして、今では生産量・品質とも日本一の評価をいただいています。


 物部柚子の母”公文系”

実生(種子から生じた苗)ではなく、カラタチを台木にした接木(つぎき)をしています。
それは、”桃、栗、3年。柿、8年。柚子のおおばか18年。”といいますように たいへん年数のかかる果実ですので、それを短縮させるため、又乾燥や寒への耐久性を強めるためです。
当初は”実生でなければ柚子でない”ともいわれたそうですが 今日では接木が一般的になっています。

父は、土地にあった品種を育てようと 村内より選抜した優良樹をカタラチ台に接木をしました。
そして、普及センターでウイルス検定を受けました。(1号・2号)
さらに、その中で最も母樹に似通った実のつく優良樹から穂木をとり 公文1号とし出荷しています。
(物部の柚子の母樹も2代目になりました。)

現在、日本一柚子産地の物部ブランドのほとんどを この公文1号が占めております。
大玉で、病気になりにくく、実がつくのが早いと評価をいただいています。

高知農業ネット(高知県が経営する農業情報サイト)で弱毒系CTVを保毒した優良系統として紹介されています。
http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/
  
  トップページ>栽培・品目紹介>果樹>ユズ>長野系、清遠系、公文系




fax注文はこちらから

店長紹介

こんにちは、店長の公文です。

店長日記はこちら >>

お客様の声

最近のお客様の声はこちら

過去のお客様の声はこちら

ひょうたん翁の部屋

おじいちゃんの「ひょうたんランプ」の部屋です。

鳥の巣ウオッチング

鳥達のかわいいゆりかご、のぞいてみませんか?→ 鳥の巣ウオッチング

しだれ桜

今年も咲きました。くもん農園自慢のしだれ桜をご堪能ください。→ しだれ桜

農園の四季

かわいい訪問者達が訪れるくもん農園の四季をご覧ください。   農園の四季

ページトップへ