店長紹介

ブルーベリー畑にキジが・・・

ブルーベリー畑にキジが・・・


(柚子畑の近くのキジ)

暑い、暑い中ブルーベリーを収穫していて、ふと振り返ると キジがいるではありませんか。
私と目があうなり、そそくさとブルーベリーの木の下にかくれてしまいました。
きれいな色をしていますが、尾が短いので雄の子供でしょうか。
後を追って探してみましたが、みつかりません。
隠れるのが結構上手なのです。又、今年は木が茂っているのも手伝ってもぐりこんでしまった模様。
鳥よけの防鳥ネットを張っていますので、入ってきたのは人間の出入り口だと思われます。

キジの習性を調べてみると面白いですね。
メスは複数のオスの縄張りに出入りするで、乱婚の可能性が高いそうです。
自分のテリトリーにやってきたメスに ここぞとばかり、きれいな羽を広げて、オスはアピールするのでしょうね。
キジのオスもたいへんです。

ここらでもよくキジをみかけるようになりました。
春にゆずを剪定していますと、園内でも よくオスの鳴き声が聞こえます。
確か、ここらへんだといってみてもいません。
歩くのが早くて、かくれんぼが本当に上手です。

と思えば、卵を抱いているメスは、草刈機がそこまで迫ってきても逃げません。
キジを刈った事があるというおじさんの話を聞いたことがあります。
キジの母はえらい。
私も以前、メスはいませんでしたが巣を刈ったことがあります。
卵は無事でしたが、草を刈ったので巣の中が丸見え。
刈り取った草でふたをしたのですが、それっきりメスは戻ってきませんでした。
かわいそうに卵は、カビがはえて腐ってしまいました。

収穫も終わったのですが、キジがみつかりません。
入り口が開けっ放しですので、逃げたかな?
ま、ブルーベリーを食べられても たいした事がありませんので、そのまま戸を閉めて帰ってきました。
おじいちゃんにその事を伝えると、
「そりゃ、おもしろい。明日行ってつかまえてみろうかね。」
きっと捕まえて食べる気です。(汗)
はたして、どうなることやら・・・・


コメントする

名前

URL

コメント
fax注文はこちらから

店長紹介

こんにちは、店長の公文です。
「冬至には、公文さんの柚子だね!」と呼んで頂けるような、柚子農家を目指しております。

店長日記はこちら >>