ゆずレシピ

ゆずのアイスクリーム

ゆずのアイスクリーム

ゆずのアイスクリーム

point

アイスクリームメーカーを使うと、手軽に短時間で仕上がります。

材料(6人分)



★卵黄
4個分
★グラニュー糖
120g
★生クリーム
400ml
★ゆずのしぼり汁
80ml


作り方

  1. ボウルに全ての材料を入れて、混ぜ合わせます。
  2. 金属容器に入れて冷凍します。1時間ごとにかき混ぜて滑らかに冷やし固めます。

  • 2020.08.11
  • 14:59

ゆずの七味唐辛子

ゆず七味

ゆず七味


材料


★市販の七味唐辛子 適量
★ゆずの皮(乾燥) 七味唐辛子の1/3


作り方

  1. 乾燥したゆずの皮をミルサーなどで細かくします。
  2. 混ぜ合わせます。お好みでゆずの皮の量を調節してください。

  • 2020.08.11
  • 14:50

柚子のコールスロードレッシング

柚子のコールスロードレッシング

柚子のコールスロードレッシング


人気の「コールスローサラダ」
細かく切ったキャベツのサラダに添えてください。

材料(4人分)


★A 【フレンチドレッシング】
  サラダ油
  酢
  塩・コショウ
  マスタード

大さじ1
大さじ1
少々
小さじ1/3
★B
  マヨネーズ
  ゆず酢
  砂糖

大さじ4
小さじ1
小さじ1/2


作り方

  1. Aの材料にBを合わせる。

  • 2020.08.10
  • 08:10

ゆずみそ(ゆずの佃煮)

ゆずの佃煮(ゆずみそ)

ゆずの佃煮


point

高知県物部町、柚子の里のソウルフード通称「ゆずみそ」。
「ゆずみそ」といっても味噌は使いません。普通にご飯のおかず、酒の肴として愛されています。
使う魚は昔は「ひめいち」(ヒメジ)だったそうですが、魚ならなんでも大丈夫です。鯖缶を使う方もいます。

材料


★ゆずの皮 適量
★魚(サバの缶詰でもよい) 適量
★とうがらし 少々
★水、砂糖、塩 適量

作り方

  1. ゆずは、中袋(実・種)のみ取り除き(皮の白い部分は残しておく)、大きめに手で割いておきます。
  2. 沸騰したお湯で ゆずの皮を5分ぐらい煮ます。 
  3. 湯でこぼし、柚子の皮がかぶるくらいの水に入れ、日に1、2度水を入れかえ、3~4日ほどさらします。(食べてみて苦い感じがしなくなるまで)
  4. 皮が、かぶるぐらいのだし汁で煮ます。 水がなくなったら、補いつつさらに30分~40分程煮ます。 
  5. 水分が少なくなってきたら、砂糖としょうゆで味をつけて、皮を混ぜてほぐします。
  6. さばの缶詰(魚ならなんでも)をほぐしながら入れ、さらに佃煮風に煮詰めます
  7. 最後にとうがらしを少々いれて、味をひきしまめます。

柚子の皮の白い部分を使うために(この部分に苦みがある)、苦みをとるのに時間がかかります。田舎では、水道料のいらない山の水などひいていますので、流水で苦みがなくなるまでさらしています。
手間はかかりますが、出来上がりの「ゆずみそ」はちょっと食べたことのない納得の一品です。

  • 2020.08.12
  • 16:03

ゆずジュース

ゆずジュース

ゆずジュース


材料(2人分)


★ゆず果汁(塩なし) 400ml
★砂糖 600g
★ハチミツ 大さじ2
★水 200ml

作り方

  1. 水に砂糖、はちみつを加え、火にかけます。砂糖がとけたら火を止めます。
  2. あら熱をとってゆず果汁をいれまぜます。
  3. きれいに洗ったビンにいれ、冷暗所で保存して下さい。

  • 2020.08.09
  • 15:43

柚子こしょう

柚子こしょう

ゆずこしょう
POINT

柚子のお届けは9月中頃~9月末となっています。
その頃には、青唐辛子が色づき始め手に入りにくい事があります。たくさん出回った時期に青唐辛子を冷凍、塩漬けしておく事をおすすめします。
種とヘタをとる下処理をしておきます。柚子が手に入った時に分量の塩を加えて混ぜます。冷凍の場合、水分があるのでしっとりと仕上がります。


材料


★青ゆずの皮 80g
★青とうがらし 80g
★塩 約20g(材料の10~20 %)
★柚子酢 少々
青ゆずの皮

目安として、ゆず皮はゆず玉の10%ほどとれます。基本、ゆず皮:唐辛子=1:1ですが、お好みでゆず皮を増やすと香りが増します。


作り方




  • 材料を洗っておきます。



  • 青唐辛子は、縦に割り種をとります。(種はとらない方もいます)
    唐辛子を触った手で目など触ると痛くてたいへんです。ゴム手袋の使用をおすすめします。



  • 唐辛子を小さく切り、フードプロセッサーに入れ、こなれた状態になるまで攪拌しておきます。(唐辛子と柚子皮を同時に入れると混ざりにくいため)
  • 青唐辛子を冷凍していた場合は、冷凍のまま。塩漬けにしていた場合は、塩漬けのまま小さく切ってフードプロセッサーに入れてください。



  • 青ゆずの皮の青い部分のみをすりおろすか、薄く皮をむきフードプロセッサーに入れます。(白い部分が入ると苦みがでます)こなれた状態になるまで攪拌します。
  • 刃が空回りしたら、その都度止めて箸などで上部のものを下に落とします。



  • 材料の10~20%の塩を加え、お好みの粗さまで攪拌します。混ぜ合わせにくければ、柚子酢を少量加えます。(水分があまり多いと保存に適しません)
  • 塩漬けの青唐辛子を使った場合は、塩の量を加減してください。



冷蔵庫で熟成させますと、味がまろやかになります。
保存料として塩を加えていますが、冷蔵保存(約1年を目安)してください。
長期保存は冷凍保存した方が、香りがとばないようです。ジプロックなどで平らに冷凍しておけば、必要な分だけ使えて便利です。

  • 2021.08.09
  • 08:12

本格ゆずポン酢

本格ゆずポン酢

ゆずポン酢

材料


★ゆず酢 200ml
★穀物酢  50ml
★しょうゆ  250ml
★みりん  100ml
★鰹節  30g
★昆布  10cmほど


作り方


  1. 分量のみりんを鍋にかけ、沸騰してから1分ほど煮立たせます。
  2. 広口のビンに柚子す、穀物酢、しょうゆ、ミリンを入れ、鰹節、昆布をしずめます。
  3. 冷蔵個で1~2日ねかせます。
  4. ザルでこします。むりに押し付けると雑味がでるのでゆっくりとこします。
  5. 清潔なビンにいれて冷蔵保存してください。
  • ※ねかせる期間を長くするとうまみが増し、まろやかな味に仕上がります

  • 2020.08.09
  • 10:53

ゆずポン酢玉ねぎ風味

ゆずポン酢玉ねぎ風味

てぬきゆずポン酢

材料


★玉ねぎ 300g
★しょうゆ 400ml
★柚子 4~5個(果汁と皮)
★米酢 100ml
★みりん 150ml

作り方

  1. 玉ねぎはすりおろします。 
  2. 混ぜ合わせるだけ。 
  3. 柚子は、皮をすりおろして、果汁をしぼってください。 
  4. 後は、材料を混ぜるだけ。 

 タマネギの甘さで熟成が進みます 。柚子の大きさやタマネギの鮮度(新タマは辛い)などで随分違った味の物が出来ます。
作ってすぐより、何日かした方が味が馴染んで美味しいですよ。 うどん、おでん、冷や奴、水炊きなどにどうぞ。    
  - このレシピは、福岡県M様よりいただきました
-

  • 2020.08.09
  • 11:44

手抜きゆずポン酢

手抜きゆずポン酢

てぬきゆずポン酢


材料


★柚子酢
100ml
★穀物酢 100ml
★濃縮めんつゆ 300ml
☆ゴマ油(お好みで・・・) 適量

作り方

  1. 混ぜ合わせるだけ。 
  2. お好みでゴマ油を加えれば、中華風ゆずポン酢になります。

  • 2020.08.09
  • 11:51

赤いゆずこしょう

赤い柚子こしょう

赤いゆずこしょう
POINT

青色の柚子+青唐辛子=緑のゆずこしょう(未成熟の柚子と唐辛子:香りがさわやかで味にキレがあります)
黄色の柚子+赤唐辛子=赤いゆずこしょう(完熟した柚子と唐辛子:味・香りに深みがあります。)

材料

★黄ゆずの皮 (ゆず玉約10個)120g
★乾燥赤唐辛子(又は粉唐辛子) 40g
★塩 20g
★柚子酢 少々
ゆず:唐辛子

目安として、ゆず皮はゆず玉の10%ほどとれます。

ゆず皮:乾燥赤唐辛子=3:1

ゆずの皮を多くすると香りが増しますので、お好みで調節してみてください。

作り方

  1. ゆず玉を洗って水分をふきとっておきます。
  2. 乾燥赤唐辛子のへたをとり、フードプロセッサーで粉砕します。粉唐辛子だとこの手間が省けて簡単です。
  3. ゆずの皮の黄色い部分だけをすりおろします。又は、薄く皮をむきフードプロセッサーに入れます。
  4. 分量の塩を加え、お好みの粗さまで攪拌します。混ぜ合わせにくければ、柚子酢を少量加えます。(水分があまり多いと保存に適しません)
  5. なめらかな舌触りがお好みの方は、すり鉢でさらに混ぜます。
  6. 冷蔵庫で熟成させますと、だんだんまろやかになってきます。

保存料として塩を加えていますが、冷蔵保存(約1年を目安)してください。
長期保存は冷凍保存した方が、香りがとばないようです。ジプロックなどで平らに冷凍しておけば、必要な分だけ使えて便利です。

  • 2021.08.17
  • 17:43
fax注文はこちらから

店長紹介

こんにちは、店長の公文です。
「冬至には、公文さんの柚子だね!」と呼んで頂けるような、柚子農家を目指しております。

店長日記はこちら >>